東邦銀行を使おう

東邦銀行の商品とサービス

東邦銀行のバンキングサービス

銀行のインターネットバンキングについてネットで検索する人はとても多いです。ネットバンキングなら手続きが簡単でいちいち店舗やATMに行く必要はないし、銀行によっては手数料や金利がお得だからです。とはいえ各種バンキングサービスの歴史はまだまだ浅く、地方銀行のような普通銀行はサービスに物足りなさも残ります。しかし東邦銀行は地方銀行でありながらインターネット支店を設立するなど、インターネットによる利用を強化してきました。

東邦銀行を利用する場合、インターネット支店とネットバンキングを両方使うのが最もお得です。なぜなら東邦銀行のネット支店は手数料が安い。振込手数料が通常の半分以下です。他行宛てであっても216円、さらに定期預金の金利上乗せなどを合わせると年間相当のコストを抑えることができます。地方銀行の振込み手数料はだいたいどこも安くて540円で、東北最大手の七十七銀行ですらこの壁は破れなかったので、東邦銀行はぶっちぎりで安いということになります。

ネットバンキングでは投資信託や外貨預金の手続きもできるため、手数料のかかりやすいこれらの商品はネット経由での利用が理想です。インターネット投資信託を利用すると申し込み手数料がキャッシュバックされるので、手数料と相まって大幅なコストダウン。テレフォンバンキングやモバイルバンキングだとネットバンキングに比べて利用可能なサービスが少ないので、注意が必要です。

しかしネット関連のサービスを利用する際にはセキュリティソフトの充実が必須となります。東邦銀行はフィッシング対策ソフトを配布していますが、フィッシング以外にも詐欺の手口は巧妙化しているので常に最新のソフトを利用することが大切です。ネットサービスを充実させる金融機関は狙われやすく、口座情報や取引情報はもちろん実際の預金までごっそり盗られてしまうこともあります。取引ページがいつも違ったり個人情報の入力画面が出たら注意しましょう。そういった場合の対応も決めておきましょう。